●あゆみ

昭和47年3月

桶川地区に川田谷剣友会発足

昭和47年12月

一般の剣道団体である桶川剣道連盟発足

昭和48年3月

桶川剣友会発足

昭和57年7月

桶川剣友会創立10周年記念大会

平成3年7月

桶川サンアリーナ完成

平成10年4月

桶川剣友会旗『錬心体』完成
機関紙『錬心体』初刊発刊

平成14年11月

創立30周年記念大会

平成15年11月

第一回べに花杯剣道大会

●役員紹介

桶川には小・中学生会員とその父母からなる桶川剣友会と一般会員からなる桶川剣道連盟の2つの組織があり、両方の役員が協力して会の運営を行っています。 【平成21年4月1日現在会員数】小学生:42名、中学生:37名、一般:50名

桶川剣友会

桶川剣道連盟

会長

土井一郎

顧問

加藤義二・井野勇作・松実義明・高橋美津男・手塚哲男・木村喜一

副会長

高橋・安孫子・飯田・渡部・亀田

名誉会長

田中 章

総務(大会)

父母5名

会長

七田憲治

総務(広報)

父母2名

副会長

増田弘道

総務(強化)

父母5名

専務理事

穂谷野一敏

会計

父母2名

指導主任

池田守正

会計監査

父母2名

理事

卯月光弘・有馬俊之・大嶋祐幸・岡崎武志・辻本徳志

地区役員

父母6名

会計

岡崎武志

監事

相川武利・一場一重

事務局長

佐藤成樹

●信条

桶川剣友会は埼玉県のほぼ中央に位置する桶川市に昭和48年に発足しました。その1年前に桶川内の一地区に桶川剣友会前身の川田谷剣友会が松実義明先生(教士七段)により発足したのがきっかけです。当時、松実先生が稽古場所として、地元の小学校長に講堂の借用願に指導方針として明記されたものが、信条として現在も引き継がれており、これを毎年4月の入門式に新規入門者に「誓いの言葉」として渡しています。内容はシンプルで子供達にも分かり易く、この信条に述べられていることが、人間形成への基本だと考えています。

一、 礼儀を正しくします。
一、 明るい元気な人になります。
一、 何事もやりぬく根性を持ちます。

inserted by FC2 system